お料理教室の流れ

今日はお料理教室の流れを紹介しましょう はじめて通う方にとってはどんな風に進めているのかとても興味がありますよね   ではカンタンにその流れを


生徒さんがいらっしゃる1時間前にはその日使用する食材や調味料を計量します 教室によっては計量から始める教室もありますが 2時間という時間制約があるので計量よりは作り方の方に時間をとりたいのであらかじめ用意します(もちろんちゃんと量り方はお教えしますよ) 食材は洗ってすぐ切れる状態に 使う調理器具も準備万端に



テーブルもセッティング


生徒さんがいらっしゃると、エプロンをつけ髪が長い方はまとめていただき手洗いを済ませ布きん2枚のうち1枚を濡らしてもらいます

寒い時期は温かい飲み物をいただきながら、私の説明です その日に作るメニューだけでなく食材や調味料情報 アレンジの仕方なども交えながら。。。この時点で生徒さんのレシピにはいろいろなメモがびっしりと書き込まれています

さぁ、調理の開始!炒め方のポイントや食材を入れるタイミング、そしてどうしてこの調理法なのかやこの順番なのかをキチンと理由づけで説明します 失敗したときのためにその理由がわかっていると次回は成功するように理論的に説明します

たまにワーキャー!と賑やかな中で料理が出来上がり、いよいよ盛りつけに!!この盛りつけが料理の味付けの次に大切なところ いちばんキレイにみえ彩りもよく何より「おいしそう!」と思ってもらえるように工夫します

そして試食タイム

年齢もバラバラでいろいろな仕事に就いている方が集まる料理教室 試食の時にたくさんの情報交換がスタート!

食べきれなかったり、家族に食べてもらいたいという方はタッパーに詰めます または明日のお弁当にという方もいらっしゃいます


試食が終わるとみんなで手分けをして後片付け 器を洗う テーブルやコンロを拭く 流しの周りの床を拭き 最後にスリッパの裏を拭いて終了です


ざっとこのような流れであっという間に2時間経過 


料理からしばらくはなれていた方でも1年過ぎると、たどたどしかった包丁使いも様になり調理の流れもとつてもスムーズに大変身します


新しい年 料理の腕をあげてみませんか!!



初心者さんの料理教室   ふーず

はじめてさんにやさしい教室です だれでも最初ははじめてさんです。おいしいお料理を作りたい。味付けに自信がない。あのお菓子、焼き立てのパンを作りたい。メニューのレパートリーをふやしたい。はじめてさんのお悩み解決します。基本的な食材の切り方や調理の基本を少人数制で最初から一緒に学んでいきましょう。 もちろん男性の方もウェルカム!

0コメント

  • 1000 / 1000