おいしいNEWS

お料理教室

今回は料理教室の流れをざっくりとご説明しましょう

はじめに作るお料理のレシピ説明から。。。レシピは見て大まかにわかる内容で明記しています レシピに長々と説明が書かれているとちょっとやる気が落ちてきませんか?  ただレシピには書いていないコツやポイントをみなさんに口頭で説明しています 一般の料理の本にも書いていない情報や大切なことをいろいろとお話ししています たまに熱が入ってしまい時間オーバーに説明してしまうので注意、注意!!!!


みなさんで分担して材料を切ったり、混ぜたり、炒めたりと料理がだんだんと仕上がっていきます ただし大切な工程や時間的にオーバーしそうな工程はこちらで準備したり、私が作り方をお見せしたりと臨機応変に進めていきます 1回の教室は2時間 材料を切って炒めて盛り付けて試食して後片付けと掃除を時間内で終わらせるために私なりの工夫をしています


さあ!  試食の時間 みなさん写真撮影をしいただきます!  カンタンな写真の撮り方もレクチャーします おいしく見えるように撮れると嬉しいですよね


基本お料理の教室は品数が2品ですが、たまに得意分野であるお菓子も作ります この日は大きな焼きプリン ふるふるではなくしっかりした昔ながらの焼きプリン さとうがしっかりと入っているのに甘さが強く無いバランスのとれた味 甘くないのはカラメルの苦味のため でもただ苦ければいいというものでもなくすべてはバランス カラメルの作り方ひとつにしても焦がすタイミングがちゃんとあります ちゃんと理論も説明します 理屈がわかると納得できるので、お菓子に関してはフランス菓子の老舗 ル・コルドン・ブルーの東京校にてしっかりと学びました 失敗したときなぜ失敗したかわからないと何度も同じことがおきます 理論がわかると失敗を回避できるんですよね



このように、料理本では教えてくれない様々なコツがわかるのが教室の一番のいいところです はじめてさん専門の料理教室で一緒に腕をあげてみませんか  最近ではプラスベートレッスンの生徒さんが増えています 一対一でのレッスンは確実に短期でお料理上手になりますよ 

さぁ!  料理上手を目指してみましょう!  はじめてのみなさんお待ちしておりま~す

5月もまもなく終わろうとしています

 

2回目のメニューは

・スパゲッティイナポリタン

・ビシソワーズ

・大きい焼きプリン  の3品


ナポリタンはトマトケチャップで仕上げていきますが最後に2つの大切な調味料を入れて仕上げると大人のナポリタンに出来上がります


ビシソワワーズ これからの季節においしいスープです 具材に火を通す時に入れるブイヨン 今回は事前においしいブイヨンを作りました なかなか時間と手間がかかりますがスープの素で煮るよりも数段本格的なビシソワーズに仕上がります


そして焼きプリン  カラメルの作り方にもポイントあり!  そしてプリン液 卵の混ぜ方や牛乳の温度でプリンの固さが違ってくる というちょっとの違いでプリンの仕上がりが違ってきます


お料理もお菓子もたくさんのポイントがあります 市販の本には書いていない大切な事、それがわかるのが教室です

とっても手軽に作れる春巻きです

何がお手軽かというと一般的な春巻きは、中に包む具材を炒めて→とろみをつけて→冷ましてから包む でもこの春巻きは味付けした具材を巻いて揚げるだけ!  なかなか手間のかからない春巻きです

そしてもう一品はよだれ鶏という四川料理 その名の通りよだれが出るほどおいしい料理の意味です 鶏肉は85℃位のお湯の中でゆっくりと火を通すのでとっても柔らかいお肉に


次回2回目は ・スパゲッティイナポリタン  ・ビシソワーズ  そして特別にもう一品は焼きプリン 大きな型で湯せん焼きします ちょっとかための昔ながらのプリン ふるふるもいいけどかための方が私は好きです!!   お楽しみに。。。。。